「人生は行動したもの勝ち!」WEB業界5年目のアド運用部次長に広告運用の極意を聞いてみた

「人生は行動したもの勝ち!」WEB業界5年目のアド運用部次長に広告運用の極意を聞いてみた

2023.03.13

【はじめに】

社員インタビュー第2弾!

今回はスレイヤーズ設立前から運用に携わっている閏間さんに、アド運用の極意を聞いてきました!

ーまずは簡単に自己紹介をお願いします!

アド運用部で次長をしている、閏間千裕です。

運用だけでなく、部下のマネジメントや部署全体の数値管理もしています。

ー何か趣味だったり、ハマっていることはありますか?

最近は韓国ドラマにハマっています!『梨泰院クラス』を観てみたら面白くて。今は『シスターズ』を観てますね。

ー閏間さんは漫画を読むのもお好きですよね?

そうです。『HUNTER×HUNTER』が一番好きで。今の自分のボキャブラリーは漫画から来てると思います(笑)

ー最近連載再開しましたね

嬉しかったですねめちゃくちゃ!

【運用の仕事について】

ー運用のお仕事について、分かりやすく教えていただけますか?

健康食品やコスメを扱うクライアントさんからご依頼をいただき、LINEニュースやInstagramに広告を出稿します。

オリジナルの記事を作成することで消費者の購入意欲を高め、低予算での獲得に貢献するのが重要です。

ー具体的な流れも教えていただけますか?

まず前日の数値を細かく抽出しまとめることで、どこが悪いのか、どこが良かったのかを洗い出します。

そこから今後どう伸ばしていくべきか方向性を決めて、ライターやデザイナーに制作依頼をしていきます。

定期的にクライアントさんと広告効果や訴求内容についての話し合いもしますね。

すきま時間で広告の掲載内容を考えたり、各媒体について情報収集もします。

ー広告の掲載内容はどういうところからアイデアを得ていますか?

各SNSはチェックするようにしています。あとは雑誌とか。

ふと目に入る街中の表現や言い回しも参考になるので、常にアンテナを張るようにしています。

【子育てとの両立について】

ー閏間さんは今年二人目のお子さんが産まれましたね!おめでとうございます。ご家庭と仕事の両立は大変ですか?

ありがとうございます。仕事柄、休みの日も数字を見ることはありますが、そこまで時間がとられる作業ではないので、合間合間でやってますね。

皿洗いや掃除なんかも、できるだけ手伝うようにしてます。

ー上のお子さんがおいくつでしたっけ?

今2歳です。

松下さん(弊社代表)のお子さんはうちより年齢が高いので、子育てのアドバイスは非常に参考にさせてもらってます。

ーこれから大きくなっていくと、運動会とかも楽しみですね!

そうですね。うちは有休も柔軟に取れるので、参加しやすくてありがたいです。

【運用のやりがい】

ーどうして運用のお仕事をしようと思ったんですか?

元々、前職はルーティンワークが多く、自分の考えを表現できる仕事に就きたいと思って。そこから広告業界を知る中で、ウェブ広告に可能性を感じたので今の仕事を選びました。

自分の考えた広告が好調だと、達成感もあり、やりがいに繋がりますね。

ー逆にどういう時がきついと感じますか?

せっかく僕を頼ってくれたクライアントさんに、いい結果を返せない時は、辛いですね、やっぱり。

でも不調な中にも、必ずどこかに好調の兆しが潜んでいるので、そこを見つけ出して可能性を広げていくことが大事です。

【後輩のサポートについて】

ー閏間さんは次長という立場ですが、後輩を育てていくうえで大変なことはありますか?

自分の成功事例を言語化して再現性を持たせ、後輩が同じように結果を出せるようにサポートをするのですが、上手く言語化して伝えるのが難しいですね。

やっぱり成功体験を積むことが一番大事だと思うので。

後輩が分からないなりに一生懸命頑張っているところを見ると、早く軌道に乗せてあげたいなと思います。

ー次長というポジションを目指したいという方もいると思いますが、実際どういう人が向いてると感じますか?

ある程度のリスクヘッジができる人が向いていると思います。

アド運用部は波のある部署なので、理想や目標だけでなく、うまくいかなかった場合の代案も無意識で考えられるといいですね。

後は先ほども言いましたが、再現性を持たせて部署全体の売り上げを底上げできるというのも大切です。

ー運用者として成功するには、何が大事だと思いますか?

運用を通して売り上げを上げていこうという意気込みが、一番大事ですね。

あとは変態チックな発想ができる人。

ー変態チックな発想って?

例えば、美容液をただ「シワに良い」と表現したら普通ですよね。そうじゃなくて、シワを気にしているのはどの年代で、どんな人なのか…

そこから連想ゲームみたいにキャッチーな言葉がポンポン出てくる、枠にとらわれない発想ができる人です。

ー運用っていうと数字をよく見るという印象ですが、数字というより文系的な発想の柔軟性があるほうがいいんですか?

どっちも大事なんですけど、数字は難しい計算をするというわけではないので。大きな結果に結びつくのは、発想の部分に長けている方かなと思います。

インスピレーションがあって、それを言語化できる力があるとよりよいですね。

【スレイヤーズで描く未来】

ーどんな会社を目指していきたいですか?

商品ページの制作や動画媒体の開拓とか、これから色々な挑戦をしていくと思うのですが、どの業務でもアイデアは大事だと思っていて。

こういう商品、こういう方針でやったらどうか?という話し合いを、楽しくできる会社にしていきたいですね!

ー新しく入ってくる人に向けてメッセージ

これは自分への戒めでもあるんですが、人生は行動したもの勝ちだと思うので!迷っている人はとりあえず応募してみてください!

実は高所恐怖症なんですけど、子供と行った公園にすごく急な滑り台があって…

試しに乗ってみたら、思いのほか楽しかったんです。これはやってみないと得られなかった気持ちだなと思いました(笑)

【後輩から見た閏間さんの印象】

ー閏間さんってどんな方ですか?

すごく…優しい方です。

一つ一つにしっかり熱意をもって仕事をされているなと思っています。

ー第一印象と今で変わりはありますか?

変わらないです!初めて会った時も気さくで笑顔にあふれて優しい仕事熱心な方でした。

ー困ったときも頼りやすいですか?

そうですね、すぐ声かけても反応してくださって、すごく親身になって相談や話を聞いてくださいます!

~インタビューをしてみて~

普段は物静かな閏間さんですが、心の中は情熱にあふれていて、とっても素敵な方でした!新しい一面を知ることが出来て大満足です✨

第3弾も楽しみにしていてください!

ニュース一覧に戻る